電子タバコと加熱式タバコの違い

ニコチンを含まない電子タバコ

電子タバコの特徴は、基本的にはニコチンを含んでいないことです。ニコチンを発生させるタバコ葉が使用されておらず、煙のように見える水蒸気についても、味が付いているだけのただのフレーバーです。また、タールや一酸化炭素などの、紙巻きタバコに見られる有害物質も含まれていないため、従来のタバコのような害はないとされています。ただ、電子タバコは必ずしも、ニコチンフリーの物を指すとも限りません。電子タバコによっては、リキッドと呼ばれるフレーバーの素を自分で入れて使える物もあり、そしてニコチンを含むリキッドも存在するのです。ニコチン配合のリキッドを用いれば、紙巻きタバコ同様にニコチンを摂取することとなり、一定の害が生じるでしょう。

新しい喫煙スタイルの加熱式タバコ

基本的にはニコチンを含まない電子タバコと違って、加熱式タバコはニコチン入りとなっている点に大きな特徴があります。そもそも従来の紙巻タバコの代替品として登場した商品であり、仕組みや形は違えどタバコとして吸うためのアイテムです。加熱式タバコには種類があって、タバコスティックを使用するタイプと、カプセルを使用するタイプに分類することができます。前者の場合は、スティックを本体に差し込み加熱をすることでニコチンを発生させることができ、後者の場合は本体によって生み出された水蒸気がカプセルを通過することでニコチンを摂取できます。いずれのタイプもニコチンを摂取することには違いありませんが、両者で味わいが大きく異なり好みが分かれるところですね。

© Copyright Next-generation Cigarettes. All Rights Reserved.