色々なフレーバーが楽しめるリキッド式

電子タバコの仕組みとメリット

電子タバコは、バッテリーとアトマイザーと呼ばれる二つのパーツでできています。アトマイザーの部分で加熱することによってカートリッジに入ったリキッドを加熱して気化させ、その水蒸気を吸うことによってタバコのようにフレーバーを楽しむことができます。
水蒸気を出すことによってタバコを吸う感覚も得られます。
火を使わないのが大きな特徴で、国内販売しているフレーバーはニコチンが含まれていないため従来のタバコよりも比較的健康的にタバコを楽しめるようになっています。
電子タバコの大きなメリットは火を使わないことと、様々なフレーバーを楽しめるということです。その香りを楽しむことで、禁煙を目指す人のサポートとしても役立ちます。

フレーバーの種類について

電子タバコの大きな特徴が、そのフレーバーの豊富さです。
タバコのフレーバー一つとっても、スモーキーでスパイシーかつ濃厚なタバコフレーバーや、タバコの香りの中にもナッツ風味やキャラメル風味のするものなどがあります。
定番のメンソールも、普通のフレーバーからミント感のあるものなどが楽しめます。
他にも、フルーツ系ではアップルフレーバーやメロンの香りのするもの、ベリー系、爽やかな青リンゴや香りも味も忠実に再現したブドウ、柑橘類などが選べます。
また、甘いものが好きという人には、バニラやチョコレート、カフェモカなどの甘いフレーバーや紅茶やコーヒーのフレーバーを楽しめるものもオススメです。
このようなフレーバー以外にも多種多様なものがあるため、いろいろ試すことができます。

© Copyright Next-generation Cigarettes. All Rights Reserved.