電子タバコのメリット

有害物質が含まれていない

電子タバコは、「タバコ」という名前が付けられていますが、タバコの葉は一切使われていません。フレーバーの付いたリキッドを電気で加熱すると蒸気化しますが、その蒸気を吸引することでタバコを吸うような感覚を楽しむのが、電子タバコです。タバコの葉には、ニコチンやタールといった有害物質が含まれています。ニコチンには血管を収縮させる作用があり、頭痛や肩こりの原因になります。また、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす危険性もあります。タールは癌を誘発する物質として知られています。

こういった物質が電子タバコに含まれていないだけでなく、2019年5月時点では日本国内においてこれらの物質を電子タバコ用のリキッドに含めることは禁止されています。そのために紙巻きタバコに比べて人体に害が無いというメリットがあるのです。

禁煙するための手助けになる

タバコの葉に有害な物質が含まれているにも関わらず、禁煙が難しいのはニコチンに中毒性があるためです。喫煙により、血中に取り込まれたニコチンはすぐに脳に到達してドーパミンを放出します。放出されたドーパミンによって喫煙者はリラックスできるためにまた吸いたいと思うようになります。喫煙者が禁煙しようとするときに、意志の力だけで禁煙できる人もいますが、失敗する人も少なからずいるのが現状です。禁煙外来に通うという方法もありますが、仕事の都合で通院が難しい人も多いことでしょう。

そこで禁煙に役立つのが電子タバコです。電子タバコは気軽に始めることができるというメリットがあると共に、蒸気を吸引するためにあたかもタバコの煙を吸っているような満足感を得られるというメリットもあるため、禁煙に電子タバコを利用する人が増えているのです。

© Copyright Next-generation Cigarettes. All Rights Reserved.