もっともポピュラーなカートリッジ式電

充電をして繰り返し使用できる

電子タバコの中でもポピュラーと言えるのがカートリッジ式です。性能は各製品によって異なりますが、ひとつのカートリッジあたり200~500回ほど吸うことができます。回数を超えた物は味わいや水蒸気がなくなってしまうため、再度吸うためには新しいカートリッジへと交換をしなければいけません。従来の電子タバコは使い捨てタイプが多かったですが、昨今では本体を充電することで繰り返し使用できる物が増えています。何度かの充電を経るとバッテリーが劣化して使えなくなってしまうものの、それまでは繰り返し使用することが可能で、経済的なアイテムとして人気ですよ。ニコチンやタールを含んでいないために禁煙用としても選ばれており、脱タバコを目指す人にも良いかもしれませんね。

紙巻きタバコの代わりになる?

本物のタバコからシフトをしようとする人からすれば、気になるのがその吸い心地ですよね。紙巻きタバコのような味わいはあるのでしょうか。まず喉にくる、いわゆるキック感については、物足りなさを感じられることが多いようです。キック感を生み出すニコチンが含まれていないため、どうしてもスカスカとした吸い心地になってしまいます。そのため、同じような喉越しを期待していると物足りなさを感じるかもしれません。しかし吸っている感覚については近いものを感じられるのではないでしょうか。煙を模した水蒸気が発生するのが電子タバコの特徴ですが、見た目で本物のタバコを吸っているような感覚を味わえ、それなりに満足感があるという人もいるようですよ。

© Copyright Next-generation Cigarettes. All Rights Reserved.