電子タバコのデメリット

電子タバコの概要と種類

電子タバコとはその名の通り電気を使ったタバコです。紙タバコに比べタールの量が圧倒的に少なく人体への悪影響が低減されているのが特徴です。仕組みとしては、電熱線を用いて様々なリキッドを気化させ、その水蒸気を吸い込み楽しむというようになっています。ニコチンを含まないものに限り、香料を楽しむことを目的に販売されております。 その種類として、様々なものがありますが例えば喫煙者が吸って1番違和感の少ないタバコ感を感じさせてくれるものや、非常にクールなデザインかつバッテリー一体型で連続吸いが可能なもの、ニオイが驚くほど少なく隣の人が吸っていても全く気が付かないものなどです。
それぞれの種類にさらに多くのフレーバーを選ぶことができ、楽しみ方は数えきれないくらいです。

紙タバコと電子タバコの比較

紙タバコはタバコ葉に直接火をつけるためタールが多く、電子タバコに比べ人体への悪影響が懸念されます。そのため、紙タバコは葉が燃えるために煙が出て周囲の人にとってはとても迷惑がかかります。一方で電子タバコは煙が出ずニコチンも含まれていないため、健康を害するリスクは少ないです。しかし、電子タバコにもデメリットはあります。それは、開発されてから日も浅く品質の保証が確立されているとは言えないことです。粗悪品を正規品と勘違いして使用してしまうことも懸念されます。また、電子タバコから出るエアロゾルが成長中の子どもの肺に悪影響を及ぼす可能性があるのです。
このように、新たに登場した電子タバコにはメリットもデメリットもあります。使用を考えている人はきちんと把握したうえで使用すると良いです。

© Copyright Next-generation Cigarettes. All Rights Reserved.